南城市 沖縄 クラウン 変速ショック修理 シロマッハCars

画像

沖縄 クラウン 変速ショック修理

 H17年 トヨタクラウン

(DBA-GRS180)
走行距離135237km

使用フルード 
アイシンAFW+
変速ショックが大きいので

ご入庫しました。
特に減速して三速から
二速⇒一速のゴン!
ゴ~ン!!
ショックが大きい!?

 うちに来る前に他店でオイルパン外し…

他店でオイルパン脱着清掃
ストレーナーも
交換したそうです。
それでも変速ショック
直らずネットで検索して

問い合わせがありまして
トルコン太郎で施行する事に
なりました。

 トルコン太郎で圧送交換します

このクラウンは専用アタッチメントが無いと圧送交換が出来ない!
アタッチメント使用しての施行になります。
アタッチメント取付してホースをつなぎます。

 圧送交換スタート!!…

トルコン太郎で圧送交換スタートです。
一度交換しているのでもの凄く汚れている訳では無いのですが

交換していくとだいぶキレイになりました。
交換後の走行テストです。
走り自体は良くなったみたいですが
変速ショックはあります。…トルコン太郎でも無理か!?
お客様はどうしても直したいと言う事で情報収集で
後日!ソレノイドバルブ交換をする事になりました。

 ソレノイドバルブ交換交換をします。

部品が揃いましたので後日預かりの作業になりました。
ソレノイドバルブ交換ですがバルブボデーも外して
点検清掃もやろうと思い作業に取り掛かります。

 外したバルブボデー分解清掃!!

整備見積りには入れて無いですが徹底して作業したかったので
ばらして清掃しました。…整備士上がりの代表の悪い癖です!!笑っ


 まるで迷路…キレイに清掃しました。

多少の汚れがありましたが致命的なカスなどはありませんでしたので
大丈夫でしょうね!!

 ソレノイドバルブ交換は全部交換します!!

何が不良かチェックランプ点灯で分かる場合もありますが
完全に壊れて無くても作動不良等があるので

全部交換で見積もりしての作業です。

 全てを組み付けて…

ばらした部品組み付けての
作業完了です。

 作業後に走行テスト…しかし!?!?

作業後に走行テストです。しかし変速ショックが出ます。!?
それも出たり出なかったり!?…が~んナニコレ!?
でもどう考えても制御系統のトラブルなのであと
疑わしいのがコンピューター
中古のコンピューターがありましたので交換しましたが…
スタートボタン押してセルモーターは回りますがエンジンかかりません!?
……当たり前です。だってイモビライザー付いてますから
色々考えて裏技☆でエンジン始動成功しました。
最初!エンジンからのノッキング等が出てましたが走行テスト・設定で
ノッキング・変速ショックはすべて改善されました。
「これぞクラウンだ」!!
しかしクラウン系・マークX等でこの手のトラブルの多い事
トルコン太郎で直るのもあれば直らないのもある。
変速ショックのポイントも各車まちまちでつかみ所が無い
やってみなければ分からない!!事例が色々ありすぎる。
今回はある程度段階の想定はしていたので直せて良かったです。
今回の作業内容
トルコン太郎圧送交換・専用アタッチメント使用・ATF交換
合計33000円
追加整備内容
オイルパン脱着・バルブボデー脱着清掃・ソレノイドバルブ交換
中古コンピューター交換・設定等ほか部品代
合計96700円となりました。

今回は当店をご利用頂きありがとうございました。(^^)
無事直せたので喜んで頂きました。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
098-949-1990
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!