南城市 沖縄 ヴィッツ 高速走行中エンジン止まった!?修理 シロマッハCars(シロマッハ)

  • HOME
  • 車の修理
  • 沖縄 ヴィッツ 高速走行中エンジン止まった!?修理

沖縄 ヴィッツ 
高速走行中エンジン止まった!?修理

 H23年 トヨタヴィッツ(NCP131)

走行距離 125961km
高速道路走行中に突然止まったそうで、ガソリン臭いとTELあり!!
ロードサービスで工場に運ばれて来ました。

 まるでこんがり溶けてピザみたいになっていた!?

これはリアシート外して確認した燃料タンク!
燃料ポンプのケース上部!!!!
…溶けてますけど…何でこうなった!?!?
何かショートしてこうなったのか??

 リフトアップしたら…何故かマフラーが外れている!?

リフトで車!上げたら何故かリアマフラーが外れています!?!?
お客様に確認したら「友達がいたずらしてボルトはずした!!」
…なんと助手席の足元にボルトが転がっているではないか!

 原因はマフラーの排気熱で樹脂タンクが溶けていた!!

今回のトラブルはマフラーが外された事で排気の熱で燃料タンクが
溶けていた!!!!!…危険な状態!!!!!
取付部も溶けてボルトめり込んでます。

 燃料タンク上部・ホースも溶けて使えません!

部品を見積すると新品で10万円オーバーになります。
修理費用を抑える為に中古パーツを使用します。

 中古パーツがありました。

部ホース関係は新品で交換しました。

 交換した燃料ポンプの上部側です。

溶けた二枚目の写真と比べると如何に溶けたか一目瞭然です。

 原因となったリアマフラーもボルト取付固定します。

もうこの様いたずらは危険なのでやらないで欲しい。
間違って車燃えます!!人燃やすかもしれません。
人災だったトラブル事例でした。汗

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
098-949-1990
で受け付けております。
只今メール問い合わせ停止中でございます。m(__)m
お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

車の修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!